覚えておきたいFX 比較の必要証拠金と計算法

FX 比較検討し、安全に取引を行う為にも、初心者のうちはいくつか覚えておかなければならない、基礎的なことも重要となります。証拠金の必要性は、取引を行う上でのベースですが、さらに一歩進んでその仕組みと計算法を理解することで、余裕をもった取引を行えるようになります。

FX 比較取引において、必要証拠金は取引のポジションを維持する為にも必要不可欠なもので、必要証拠金が不足してしまうと、最終的にはロスカットによって強制終了されてしまいます。必要証拠金の計算方法は、為替レート×Lot数÷レバレッジ比率 によって求められますので、常に計算を心掛ける慎重さも必要です。

Lot数とはトレーダーが購入する通貨総量の事で、レバレッジ比率は日本国内のFX強者の場合、最高25倍までと定められています。例えば、米ドル/円ベア通貨の場合、10000通貨を購入し、レバレッジを25倍として計算すると、レートの価格が115円なら、115(円)×10,000(通貨)÷25(倍)=46,000円となり、この46,000円が必要証拠金となるわけです。ただし、あくまでも、この数値は最低ラインであり、為替市場の動向により、常に変化していることを頭に入れておかなければなりません。したがって、必要証拠金は、余裕を持って入金しておく必要があります。